KATWALK C2(C2+)サポート

サポートページSupport

KAT WALK C2(C2+)

リソース

ソフトウェア
ユーザーマニュアル
ガイドビデオ

FAQ

KAT Walk C 2 は、Oculus Rift、Oculus Rift S、Oculus Quest および Oculus Quest 2 (Link または Air Link または Virtual Desktop 経由)、HTC VIVE、HTC VIVE Pro、Windows Mixed Reality ヘッドセット (互換性モデルによって異なる場合があります)、Pimax、およびバルブ インデックス。PSVR (特別なアダプター – KAT PiSystem 経由)。
KAT WALK C2は、OculusLinkを介してPCVRゲーム用のOculusQuest 2で使用することも、Air Link / VirtualDesktopを介してワイヤレスで使用することもできます。
Oculusリンク-詳細については、YouTubeビデオからの以下のリンクを参照してください。

エアリンク-詳細については、以下のリンクを参照してください。


15秒から
仮想デスクトップ-詳細については、以下のリンクを参照してください。


2分13秒から
1. ウエスト ハーネスが固定されているかどうかを確認し、ネジ穴がバック ハーネスのバック プレートの長いスロットの中心に合っていることを確認してください。



2. 方向キャリブレーションが正しくないと、移動方向がずれることがあります。下図のキャリブレーションを再度参照してください。



HMD を装着してキャリブレーションします 。前を向き、後ろに手を伸ばしてメインボタンを押し
ます。(歩行方向にずれを感じる場合は何度でも繰り返し調整しましょう。)ここまでの作業が終わ
ると、あなたの KATWALK C2(C2+)の使用準備は完了です!
*(注意)キャリブレーションは KAT ゲートウェイでも行うことができます。
コントローラーのシステムボタンを押し、SteamVR ダッシュボードの KAT アイコン経由でゲート
ウェイを開きキャリブレーションを行う事も可能です
ダウンロード後、「デバイスに損害を与える可能性があるため、KAT Gateway Setup 1.xx がブロックされました」というメッセージが表示された場合は、
次の手順に従ってください。





ソフトウェアは安全です。今すぐインストールできます。
(ソフトウェアのアップデートにより、図のバージョンと異なる場合がありますが
保存方法は同じになります。)
以下のように、ベースの側面にあります。

外観はまったく同じですのでご注意ください。KAT Gateway の指示に従ってペアリングした際に判別できます。R LED ライトが点灯している場合は右センサーを示し、L LED ライトが点灯している場合は左センサーを示します。
KAT ゲートウェイは、Microsoft Windows 10 のみをサポートします。
次の条件でセンサーをペアリングする必要があります。
1. 初めて KAT Walk C 2 またはセンサーをインストールする時。
2. KAT ゲートウェイを再インストールした時。
3. PC を交換した時。
4. センサーを交換した時。

[デバイス マネージャー] をクリックし、[センサーのペアリング] をクリックして、手順に従ってセンサーをペアリングします。
フットセンサーの場合: 正常にペアリングされたセンサーの表示信号:
1.R LED ライトは右センサーを示し、L LED ライトは左センサーを示します。
2.LED ライト ステータス インジケーター (注: バッテリーの状態は、センサーのペアリングと接続が成功した後にのみ表示されます)
3.充電中:左右のライトが点滅します。

充電状態の検出: 連続的に明るく点灯し、すぐに同じ頻度 (0.5 秒間隔) で点滅します。

4.通常の操作:通常、ライトが点灯
  低バッテリー:ライトがゆっくりと点滅(3 秒間隔)
5.未接続:点滅(1秒間隔)
6.ペアリング:高速点滅(0.5秒間隔)
7.スリープモード/電源なし:ライトなし。

内部センサーの場合:

1、充電中: 調光ライト; フル充電: 連続した明るい点灯
2、通常の操作:通常、ライトが点灯;低バッテリー:ライトがゆっくり点滅(3秒間隔)。
ベースの磁気ケーブルを使用して充電します:
まず、KAT Walk C2 が PC の USB ポートに接続されており (USB ハブや延長コードは使用しないでください)、フットセンサーが充電され、ペアリングされていることを確認してください。

次に、HTC VIVE、HTC VIVE Pro、Valve Index ユーザーの場合:
SteamVR がインストールされ、ステータスが「Now Playing」になっていることを確認してください。
Steam ライブラリからゲームを起動していることを確認してください。
 
Windows Mixed Reality ヘッドセット ユーザーの場合:
Windows Mixed Reality でヘッドセットが正しく設定されていることを確認します。
SteamVR がインストールされ、ステータスが「Now Playing」になっていることを確認してください。
Steam ライブラリからゲームを起動していることを確認してください。

   Oculus Rift、Oculus Rift S、Oculus Quest、および Oculus Quest 2 (リンクまたは仮想デスクトップ経由) ユーザーの場合、次の 2 つの状況があります。

Steam ライブラリからゲームを起動する場合:
SteamVR がインストールされ、ステータスが「Now Playing」になっていることを確認してください。

Oculus ホームからゲームを起動する場合:
Steam ライブラリから Oculus ホームに切り替えるときは、忘れずに再調整してください。

Oculus Quest および Oculus Quest 2 (AirLink または Virtual Desktop 経由) ユーザーの場合、Oculus Airlink または Virtual Desktop に慣れていない場合は、次のビデオで詳細を確認してください。

エアリンク:


15秒から

仮想デスクトップ


2分13秒から


第三に、センサーが接続されていることを確認し、以下を確認してください

HMD を回転させると、それに応じて KAT Gateway に表示される「ヘッドセットの向き」のデータが変化するはずです。
KAT Walk C 2 のバックサポートを回転させると、それに応じて「体の向き」のデータが変化します。 
KAT Walk C 2 で靴をスライドさせると、それに応じて「左足」と「右足」のデータが変化するはずです。 
(注: デバイスを使用する前に、靴センサーの表面がきれいでほこりがないことを確認してください。必要に応じて、ブラシを使用してください。)

1. 電源アダプタが正しく接続されていることを確認してください
2. すべてのセンサーがペアリングされ、ゲートウェイがアクティブ化されていることを確認してください
3. ゲートウェイ設定インターフェイスを開き、LED 機能がオンになっていることを確認します。
ロコモーションソースは移動するときに使用するキーを指します。

ダイレクトはタッチパッドまたはジョイスティックを表します。
ダイレクトプレスはタッチパッドやジョイスティックを「押すこと」を表します。
その他のキーは同様です。
Alyxのゲームなど、異なるヘッドセットとゲームに適しています。

VIVEコントローラーを使う場合には ダイレクトプレスに設定し、インデックスコントローラを使用する場合にはダイレクトに設定します。
1920*1080以上のスクリーンでの動作を試してみてください。 安価な大型TVモニターなどでハーフHDの場合があります。 (KATGATEWAYのUIが崩れるような場合は、この原因が 想定されます。)
難解な原因のほかに、 バックサポートの右下(背中を合わせた状態で)のキャリブレーションボタンを押して センサーの電源を入れることを忘れがちです。
また、足のセンサー共々認識しない場合、再度ペアリングするのは バックサポートを開ける必要があり困難ですので、簡易ペアリングを お試しください。